アイフルで増額したいあなた。増額はどうすればできるのだろう?また、増額の時に調べられる事は何だろう?そんな疑問にお応えすべく、今回はアイフルの増額と審査についてご説明します。

増額には取引実績を作ることが必要

借入金額を増額する場合にまず必要な事。それは、取引実績を多く作る事です。借りる、そしてしっかりと返済する。この実績を多く積み上げる事が必要です。そのため、新規契約をしてから、1ヶ月、2ヶ月程度の人だと増額申請は難しいでしょう。

消費者金融から見れば、より多くの借入をし、しっかりと返済している人が最も優良顧客となります。借入、返済の実績は、アイフルとの信頼を積み上げていっているといっても過言ではありません。少なくとも半年程度、返済6回くらいの時期を目安に増額を申請するようにしてみるのが有効な手段と言えます。

出来るだけ他の消費者金融から借入しない

これも重要です。他の消費者金融から借入をしてしまうと、資金繰りが厳しくなっているのではないかという疑いの目で見られます。他に借入先が1社程度であれば、審査に影響はしませんが、2,3社からの契約をしているとなると、増額交渉は難しくなる可能性があります。

借入上限に達する前に申請しましょう

既に借入上限に到達している人が増額要望をする場合も、先ほどと同様資金繰りが厳しくなっているのではないかと疑われます。増額申請は借入上限に達する前に申請するように心がけましょう。

アイフルから増額融資検討が可能という連絡を受けた時

借入金額がある程度多くなってくると、アイフルの方から増額融資の検討が行えますが如何でしょうか?という電話がかかってくる場合があります。これは絶好のタイミングです。アイフル側としても、あなたを優良顧客と認めている証拠なのです。ですが、油断は禁物です。連絡が来たからといって必ず審査に通る訳ではありませんが、このタイミングは増額の絶好のチャンスと言えます。

増額の時に調べられる事

運よく増額交渉の土台に上がった場合に、どんな事を調べられるでしょうか。まず間違いなく言える事は、現状の収入に関する確認です。最初の契約を取り交わした時より、収入が上がっているかどうかの確認があります。

給料明細2ヶ月分などの提出を求められる可能性が高いです。場合によっては、この収入の確認後、もし現在の収入が既に提出している源泉徴収書の内容よりも収入が下がっている場合などは、増額はおろか減額になり得る可能性があります。勤め先が変わった人などは少し注意しておきましょう。

増額交渉にまず一番必要な事は取引実績を増やす事、これが重要です。そして、増額交渉時には出来るだけ借入金額や借入件数を増やさないようにしておき、審査に臨む事が重要です。