アイフルで審査を受ける場合、審査の過程において在籍確認が必ず発生します。この在籍確認とはいったいどのようなものかについてご説明します。

在籍確認はあなたが本当に勤めているかの確認

あなたが審査時に源泉徴収書を持参したとしても、現在あなたがその会社で働いているという保証にはなりません。ひょっとしたら、退職している可能性だってあり得るのです。その様な観点から、在籍確認は必ず実施されます。では在籍確認とは一体どのような手段で行われるのでしょうか。

在籍確認は個人名を名乗り電話を行う

在籍確認で会社に電話をする場合、「アイフルの○○と申しますが、○○さんはご在籍でしょうか?」といった内容で電話をする事はありません。在籍確認は、アイフルの担当者個人の名前を用いて、「○○と申しますが、○○さんはご在籍でしょうか?」といった形で確認されます。ですので、会社側にあなたとアイフルの繋がりが判明されるような確認の仕方ではありません。心配は入りません。

在籍確認で確認される事は本当に在籍しているかどうかのみ

在籍確認を行う上で、あなたの近況を確認する事は一切ありません。本当に在籍しているかどうかの確認だけです。ですので、あなたが出張中で会社にいない場合は、出張中ですという会社側からの回答だけで、在籍しているという判断を行います。あなたがどの様な人で、どの様な職種、役職なのかといった具体的な内容は一切確認する事はありません。本当に在籍しているかどうかという点を確認します。

在籍確認で会社同僚などにあなたとアイフルの関係を知られる事はまずないでしょう。個人名義で怪しい電話がかかってきたという程度の事は会社で電話を受けた人には伝えられるかもしれませんが、あなたが自らアイフルの説明をしない限りは誰にも分かりません。しかし、どうしても在籍確認が不安な方は、次の手段で在籍確認を避けられる可能性があります。

  • 審査を、会社の定休日(誰も会社にいない日)に申し込む
  • 夜の遅い時間帯(21時など)(※会社にほとんど誰もいない状況)に審査を申し込む

この手段を取れば、在籍確認をしたが繋がらなかったという事で、審査を通してくれる可能性があります。
基本的には後日、在籍確認の電話を行うとしていますが、後日に電話がかかってくる可能性は低く、そのまま審査を終える事が出来るのです。

この様に、在籍確認自体、恐れるものではありませんが、上記の通り例外が認められる事もありますので、不安な方は一度お試しください。