消費者金融に申請を行った際に必ず発生する確認事項が在籍確認です。アイフルも例外なく、この確認作業は発生します。では、この電話確認を省略してもらう事は出来るのでしょうか?今回は、この在籍確認についてお話しします。

基本的に在籍確認を避ける事は出来ない

アイフルにとって、在籍確認はあなたの信用調査を行う上で、必ず必要と言えます。それは、提出されている源泉徴収書はあくまで昨年度の実績に対する書類であり、今現在あなたが本当に会社で勤めているのか?逆に言えば、あなたが本当に今現在も安定した収入を得ているのかどうかの確認という事になります。ですので、この在籍確認は、必ず発生すると考えておく必要があります。

在籍確認を回避出来る可能性がある方法

ここからは、確実とは言えませんが、在籍確認を結果的に取る事なく契約を結ぶ方法をお話しします。あくまで、可能性があるという事だけで確実な手段ではありませんが、やってみる価値はあると思います。

社員証などの提出

最近はコンプライアンスの問題で、個人を特定・確認する方法は非常に厳しくなってきています。特にその様なセキュリティーが徹底されている会社は、個人の名前などについても、確認する事が出来ない可能性もあります。これは、アイフル側にとっても理解している事です。では次の手段として、何を持って在籍を確認するか?という事になります。

その次の手段が、社員証です。社員証は、まさしくその会社の社員である事を証明するカード(あるいは書類)です。これを持っていれば、社員である事が証明出来ます。電話確認の代わりに、社員証で代替えが可能かどうかを確認してみるのも一つの手段と言えます。

会社が定休日の日に申し込みを行う

会社が定休日の時は、アイフルからいくら電話をしても、あなたの会社の社員が出勤していない限り、誰も電話に出ない可能性があります。アイフルとしては、何度か電話したけれども繋がらなかったとの事で最終的に在籍確認無しで審査を通してくれる事があります。但し、この手段は本当に会社に人がいない場合にのみ使える手段ですので、休日出勤の人がたまたま電話を受けるというリスクもあります。ご留意下さい。

以上の様に、在籍確認というものは信用調査上どうしても外せないものです。そのため、これらを避ける方法というものはほぼ皆無と言えますが、先ほどからの説明の通り、社員証で電話確認の代わりとしてもらう、あるいは会社の定休日に電話を掛けてもらうといった手段が、他人にバレにくい手段の一つと言えます。

また、あなたの会社内の席がIP電話を使っている場合は、自分個人のIP連絡先を申し出て、そこへ電話をしてもらう事により、あなた自らが会社において電話を受けられる事が可能となります。この場合、会社で働く誰もが、あなたに電話がかかってきたという事を知られずに済むと思います。少々強引な案ではありますが、上記手段を用いて何とか在籍確認に代わる内容の交渉をしてみましょう。