消費者金融の代表の一つであるアイフル。アイフルでは、アルバイト、学生、フリーターでも融資を行ってくれるのでしょうか?今回は、この事についてお話しします。

アイフルの貸付対象者について

アイフルの貸付対象者としては、「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」とあります。貸付対象者としての条件はただこれだけです。つまり、アルバイト、学生、フリーターでも、条件次第では融資を行ってくれると言えます。では具体的にこの3つの条件の人の場合を見てみましょう。

アルバイトの場合

まず、満20歳以上である事が絶対条件です。満20歳以上の人で、アルバイト生活している人が、審査で一番重要視される点は、定期的な収入と返済能力を有する事です。この定期的な収入と返済能力を有するという内容は果たして何を持って判断しているのでしょうか?色々と考えられますが、一番のポイントは、

  • アルバイトとして同じ勤務先で長く働いている事
  • 収入に大きな変動が無く、ある一定収入を得ている事

これが一番重要視されるポイントとなります。勤続年数が長ければ長いほど、審査に通過し易いと言え、収入も安定していれば、なお審査に通り易いと言えます。では、勤続年数はどれくらいであれば長いと言えるのでしょうか?少なくとも、1年以上は同じ勤務先で働いている事が一つの目安となるでしょう。3ヶ月や半年でアルバイトを変えている人は、審査では厳しく見られます。

続いて、定期的な収入について、どれくらいの収入を得ていればよいのでしょうか?消費者金融での中には、貸付条件として最低年収200万円以上という条件を設定しているところもありますが、アイフルではその様な条件設定はありません。つまり、定期的な収入が多ければ多いほど、最大融資枠が大きくなります。

消費者金融では貸付業法に従って融資を行っていますので、年収の1/3以下までしか融資枠を設定出来ません。例えばアルバイトで、年間60万円の収入があると仮定すると、その1/3以下、つまり20万円以下が最大の融資枠となる訳です。審査によっては、この上限をそれ以下に設定する事で融資を行う可能性もあります。

学生の場合

学生の場合、満20歳以上の条件をクリアする人に限られるため、一般的には大学2年生以上の人が対象となってくると言えます。これまで述べた通り、学生でも融資を受ける事は可能ですが、定期的な収入と返済能力を有するという内容が非常に重要視されると言えます。つまり、学生の場合、アルバイトやパートで一定の収入を得ていない限りは、審査に通過する事は非常に難しいでしょう。併せて、そこでの勤続年数も影響してきますので、学生でありながら、同じ場所でアルバイトを何年も継続して続けている人は審査に通過し易いと言えます。つまり、例え学生であろうと、勤続年数が長くて、安定した収入さえあれば融資を受けられる可能性があります。

フリーターの場合

フリーターの場合も、アルバイトと同様の事が言えます。同じ勤務先で1年以上継続して勤めていて、更に安定した収入を得ている場合は、審査に通過する事が可能となると言えるでしょう。

但し、アルバイト、学生、フリーターの場合は、正社員の様な安定した収入を得られている事を証明出来ない限りは、審査通過は非常に難しいと考えられます。また、融資可能となった場合でも、その限度額は10万円、20万円程度の低い限度額設定になる可能性が高く、高額な融資は残念ながら受けられるとは考えられません。