専業主婦の方が、急にまとまったお金を必要とされる場合に、アイフルでは専業主婦でも借りれるかどうか、という点についてお話しします。

アイフルでは専業主婦を対象に融資は行っていない

消費者金融の大手であるアイフルは、残念ながら専業主婦の人に融資は行っていないと言えます。アイフルの公式ホームージでは、貸付対象者に「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」とあります。

この「定期的な収入と返済能力を有する人」という条件に、専業主婦の方は対象とはならないという事が言えます。実際に申請した専業主婦の色々な情報を元にしても、やはり融資可能となった人はいません。この事から、例えご主人などに収入が多くあったとしても、貸付対象者にはなれないという事が伺えます。

消費者金融のほとんどは専業主婦の方を対象としていない

専業主婦の方にとっては非常に酷なお話しですが、債権者側の多重債務を阻止する事を目的とし、2006年に「貸付金利の統一」や「総量規制」の導入など、貸付側にも借入側にもより厳しい条件が付加された貸付業法の改定が行われました。

この法改定では、もう一つの条件として「安定した収入と返済能力を持つ」という事も条件の一つとなりました。この事で一番打撃を受けたのが、専業主婦や無職の方です。

法改定前までは、専業主婦や無職の方でも、消費者金融側が融資可とすれば借入れする事が出来たのですが、法で定められた事で消費者金融側も、おのずと貸付対象者を限定せざるを得なくなったのです。この事から、申請する本人に収入と返済能力が無ければ、借入を行う事が出来くなってしまいました。

専業主婦でも借入が出来る業者とは

消費者金融系で専業主婦でも融資が可能とうたっているところは気をつけなければいけません。前述の通り、貸付側も法改定により、専業主婦への融資は難しくなっている中、特に中小消費者金融では専業主婦でも融資可能としている業者も一部見受けられます。

その様な消費者金融は、闇金などである可能性が大いに考えられます。いくらお金が必要でも、その様な業者に申請してしまうと、人生を狂わせる結果となってしまいます。ですので、専業主婦の方はなるべく消費者金融から融資をしてもらう事を断念した方がよいと考えた方がよいです。

では、専業主婦に融資してくれるところはないのか?と言った点について、お話しします。それは、銀行系で申請する事です。三菱東京UFJ銀行のバンクイックや、みずほ銀行カードローンでは、専業主婦の方を対象に融資を行っている商品があります。融資額は多くはありませんが、30万円程度であれば、配偶者の収入によってはカードローンを申請する事が出来ます。専業主婦の方は、銀行系のカードローンを申し込むのが良い手段となります。

この様に、アイフルを始め、消費者金融では専業主婦への融資を行っていないところが大半のため、専業主婦の方は銀行系のカードローンへ申請するようにしましょう。