アイフルの利用を検討している人や、既にアイフルから借り入れをしている人の中で、自分が何らかの理由で返済が不可能になった場合、配偶者へその返済義務が発生するのか?という疑問を抱く方がおられると思います。

今回は、アイフルで返済不能になった場合の、配偶者への影響についてお話しします。

配偶者へ支払い義務は発生しません

結論を言いますと、アイフルから借り入れして、もし自分が返済不能になっても配偶者へ支払義務が転嫁する事はありません。なぜなら、消費者金融は無担保貸付(信用貸付)を行っているからです。

無担保貸付とは、アイフルと契約者が交わす契約であり、そこには保証人を必要としていないのです。保証人が発生しない以上、契約者以外の人(配偶者、親族他)がその借り入れに対する支払いを負う義務は発生しないのです。

これが現代の消費者金融における主な契約方法です。ですが、その無担保貸付を行っているリスクを補うように、銀行と比較し金利が高いと言えます。それだけアイフルにとっても無担保貸付を行うにあたり、リスクを背負っているという事ですね。

無担保貸付に出来るもう一つの理由

消費者金融は、もし契約者が返済不能に陥ったとしても、それをカバー出来る手段を持っています。それが、保証会社です。保証会社とは、車に例えると、保険会社みたいなものです。

契約者が支払不能になった場合に備え、そういった保険会社から補てん出来るのです。あなたは、アイフルと契約時に保険証を必ず掲示する必要があります。

それは、あなたの雇用状況を確認する意図の他に、アイフルはその保証会社に契約者の名義で保険に加入するのです。そして、あなたにもしもの事(死亡など)があった場合に、その保証会社からその保険金を受け取る事が出来るのです。

この事で、損害が発生する事を防止出来るのです。ですので、あなたの配偶者や親族を含み、支払義務を発生させないという事に繋がると言えるのです。

この様に、アイフルでも最善の予防策を張って契約します。ですので、配偶者には支払義務は転嫁されません。もし、あなたが「もしも自分が返済出来なくなったら・・・」といった不安を抱いているのであれば、この記事を読んでその不安を払拭して頂ければと思います。

もしもの時に、誰にも迷惑はかかりません。しかし、あなたが健全な状態で返済不能になった場合は、それはあなた自身で解決しなければならない問題になりますので注意して下さいね。