アイフルを過去に利用していて、一度完済しアイフルとの契約を解除した人にとって、再度アイフルから借入をする事が出来るのでしょうか。一度解約した手前、もう二度と再契約出来ないのではないか?といった疑問を抱く人も多いと思います。今回は、アイフルとの再契約に関してお話しします。

一度解約をした人でも再度審査を受ける事により契約は可能

結論から申し上げますと、一度解約した人でも再度アイフルと再契約する事は可能です。ですが、その場合は再度審査を受ける必要があります。あなたが以前と収入や勤務先、他社からの借入状況など、特に極端な変化が無い限り、再契約はすぐに行えると考えられます。安心して再申請してみましょう。

過去に取引のあった人は、その実績が反映され限度額UPになる可能性も有

過去に一度でもアイフルと契約を結んでおり、既に完済して解約した人は、アイフルの内部資料にあなたの取引状況が残っています。アイフルの担当者は、過去の取引実績も考慮し、もしかすると、過去契約時の融資限度金額より更にUPした条件で契約をしてくれる可能性もあります。

完済し、解約した人は、アイフルにとっては信頼のおける大切なお客様(リピーター)だと考えるのです。ですから、再申請も非常にし易いと言えます。

過去にアイフルに対し金融事故のあった人の再契約は困難

債務整理でアイフルカードを手放した人や返済遅延などを多く発生させ、一度解約した人。この場合は少し状況が変わります。債務整理により解約をした人の場合、よく耳にするのが、債務整理後数年経てばまたカードが作れるようになると言いますが、金融事故を起こした相手がアイフルの場合は別です。

一般的には数年で金融事故の履歴は消えますが、債務整理の相手方の会社の場合は、5年経過してもあなたの顧客情報はしっかり保管しています。そのため、アイフルと再契約を結ぶのは非常に難しいでしょう。同じ様に、過去にアイフルに対して金融事故のあった人も再契約のハードルは高くなります。信用というものはアイフルに限らず、どのカード会社においても最重要事項の一つと言えます。

再契約が出来るかどうかの最大のポイントは、過去に契約していた取引状況及びあなたの収入、勤続年数などの積み重ねがあるかどうかです。普通にカードローンを使用し、普通に完済した人には再契約を結ぶにあたり、それほど心配はありません。気にせずもう一度申請してみましょう。