アイフルはブラックの人でも借りられるのか?この様な疑問を持つ人は大勢いると思います。結論を言うと、ブラックリストに載ってしまった人は融資を受ける事は出来ないと断言出来ます。今回は、アイフルとブラックの関係についてお話しします。

ブラックとはどういう状態か?

俗に言うブラックとは、簡単に言うと以下2つの事を言います。

  • 金融事故(返済遅延・滞納を3ヶ月以上)を起こしている人
  • 他の消費者金融3社以上から、直近1ヶ月以内に融資不可と判断を受けている人

前者をブラックリストに載る、後者を申し込みブラックと言います。一般的には、この2つの状態をブラックリストに載っていると表現します。また、債務整理を行った人もブラックリストに載っていると言えます。

なぜブラックになると借入が出来なくなるのか?

消費者金融の場合、返済能力が無くなった事によるリスクを担保する保証人を立てる事なく融資を行います。これを信用貸付と言います。アイフルも当然この消費者金融に属し、信用貸付を行います。

この信用貸付は、申請者である消費者の審査を過去の返済能力、収入、勤務形態、勤続年数などにより総合的に判断し、この人であればお金を貸しても問題ないだろうという判断を審査により行います。つまり、消費者金融の場合は、あなたの信用面だけを評価し、お金を融資するかどうかを決定します。

審査はこの「信用」が最大の判断基準となるのです。ところが、過去に金融事故を起こしていたり、他の消費者金融から軒並み融資不可と判断を受けている人は、この「信用」が確立出来ないという事になるのです。一番の判断基準となる「信用」面が評価されないという事になると、当然融資が出来ないと判断せざるを得ません。

消費者金融は、消費者にお金を貸して利益を生み出しているので、出来る限り多くの消費者に融資を行いたいと考えているのは当然ですが、審査段階からこの「信用」面がクリア出来ない消費者にはさすがに融資が出来ないという判断となってしまいます。

ブラックでも融資を行っているところは、ほぼ闇金です

アイフルに限らず、他の消費者金融や銀行においても、このブラックリストに載っている人に対して融資を行う事はご法度となっています。これはほぼ間違い事実です。しかしながら、世の中のあらゆる情報の中には、ブラックでも融資可能と称して貸付を行う業者が数多く存在します。

実は、その様な業者はほとんど闇金といっても過言ではありません。大小を問わず、しっかりした消費者金融や銀行の場合は、この審査基準はほぼ共通しており、融資をする事はしません。その様な状況に付け込み、闇金は苦しんでいる消費者から更にお金を引き出そうとしているのです。

この様に、ブラックリストに載ってしまった人は、アイフルだけではなく、他の消費者金融や銀行からも融資を受ける事はほぼ不可能と考えて下さい。ですが、間違って闇金に手を出す事だけはしないようにしましょう。本当に多重債務に苦しんでいるのであれば、ブラックリストから自分の登録が消えるまで我慢するか、我慢できない場合は弁護士や司法書士の力を借りて、正当な手段で借金問題を解決する方法を選択しましょう。