消費者金融を初めて利用したい。これまで金融事故も起こした事はなく、十分安定した収入を得ていて、勤続年数もかなりある。でも、アイフルで審査に落とされた。なぜ?こんな人も中にはいると思います。この様な場合に考えらる事についてお話しします。

同居人に債務整理中の人がいる場合、審査に影響します

あなたと同居している人に債務整理中の人がいる場合、実はあなたの審査に影響します。アイフルで審査を行う時は、収入、勤続年数、あなた自身の金融事故などの面で審査をするのですが、もう1点調べる事があります。それが、あなたと同居している人の状況です。調べるといっても、あなたの申請した住所で、そこに誰が住んでいるかというレベルで調べます。

そして、その人が債務整理中という事になると、融資不可とするのです。ではなぜ同居人に債務整理者がいる場合は融資不可とするのでしょうか?その答えもそう難しくありません。単純に、あなたがカードローンを組んで、その債務整理者に対して融資するのではないか?という疑惑をもたれるためです。

あなた自身に問題がなくても、最終的に債務整理者に渡るとなると、結果的には返済が滞り、あなたも債務整理を行う事に繋がるという判断を下すため、審査に影響してしまうのです。

債務整理者が同居している場合は、住所を変える事が必要です

残念ながら、同居人と同じ住所である限りはカードローンを組めない可能性が高くなります。ではこれを避ける方法は何か?それは、債務整理者と同居しない事で解決します。債務整理者に出て行ってもらうか、あなたが引っ越すかのどちらかの方法が必要になります。

アイフルの審査では、住所だけで同居人を調べるため、あなたの血縁、交友のある人物の調査までは行いません。ですので、住所を別にするだけで、あなたの審査に影響が無くなります。

同居人が金融事故を起こしたり、ブラックリストに載っている場合は?

では同居人が金融事故を起こしていたり、ブラックリストに載っている場合はあなたの審査に影響するのでしょうか?この事はあなたの審査に影響しません。これはあくまで、その事故を起こした同居人が悪いという事であり、あなたの審査に影響はしませんので、安心して申請して下さい。

自分は明らかにカードローン審査に落ちる要素がないのに、審査に通過しない人は自分以外のところに落とし穴があったりします。同居人のお金事情にまで首を突っ込んで確認する事は難しいかもしれませんが、その様な可能性がある事も知っておきましょう。