学生の中で、アイフルから借り入れをしているので就職活動に影響するのではないかという学生さんも多くおられます。今回は、アイフルの借り入れが就職活動にどう影響するかについてお話ししたいと思います。

法律では「適性と能力のみを基準にして選考しなければならない」と定められている。

アイフルから借り入れをしている人にとって、就職活動が不利に働くのではないかと考える人にお伝えします。法律上、基本的に個人の与信状況を確認する事を採用条件にはしていません。

これをすると、法律上は罰せられます。つまり、アイフルから借り入れをしていたとしても、就職活動には影響がありません。まずはこの事を理解しておきましょう。

金融業界などへの就職希望の人は要注意

法的には個人与信状況を会社の採用試験にしてはならないとしている一方で、やはり個人の与信状況を確認し、借り入れなどがある場合については、採用は見送るといったケースの会社も稀にあります。

その様な会社は、警察に摘発され処罰を受けてしまいますが、実際には与信を採用の一つにしている企業も少なくありません。また、あなたがもし金融業界や銀行へ就職を希望するのであれば、就職する前には、アイフルの借り入れを綺麗な状況にしておいた方がよいでしょう。

金融業界の企業や銀行は、借り入れを行う人に対して、非常に厳しい目で採用試験を行うでしょう。その様な業界では、あなたの個人的な与信状況を知らべるという事は、他の企業と比較して簡単な事です。金融業界へ就職を希望する人は、出来る限りカードローンや銀行からの融資を受けていない、真っ白な状況で申し込む事をお勧めします。

面談等で個人情報の開示を求められても拒否出来ます

逆に、あなたの与信状況を見せて下さいと就職活動中の勤務先から依頼があった場合、あなたならどうしますか?この様な時は、冒頭でも記載した通り、個人情報の開示を拒む事が出来ます。

就職活動における審査基準は、あくまで適性と能力のみを見ること。これがベースなのです。あなた自身の与信状況は関係ありません。ですので、もしその様な事態に直面する様な事があった場合は、勇気を持って拒否するようにしましょう。毅然とした態度で主張すればよいのです。

また、場合によっては訴訟も起こせます。それだけ就職活動で与信状況を利用するという事を厳しく取り締められている世の中なのです。

これから就職活動を行っていく学生の皆様、アイフルをうまく活用し、頑張って下さい