アイフルで無事に契約する事が出来た人。では、借入に対していったい月いくら程度を返済していかなければならないか想像がつくでしょうか。今回は、この返済金額の目安についてお話しします。

返済金額の目安

借入金額が10万円以下の場合

もし仮に、あなたが急な出費で10万円の借入を行ったとしましょう。この場合、月の返済金額はいくらになるか計算してみましょう。仮に金利が18%(年率)で借り入れしていると想定した場合、利息は、

100,000円×0.18=18,000円

この18,000円が年間に支払わなければならない利息金となります。

では、この利息金を12ヶ月で分割しましょう。そうすると、

18,000円÷12ヶ月=1,500円

これがその月の利息金となります。アイフルの場合、10万円以下の場合の月々の返済金額は、5,000円程度となります。つまり、5,000円を返済すると、1,500円が利息に充当され、残りの3,500円が元本返済になるという事になります。

もしこのまま新たな借入を行わなかったとすると、次の返済では、

96,500円×0.18=17,370円

同じ様にこの利息金を12ヶ月で分割しましょう。そうすると、

17,370円÷12ヶ月=1,447円

これがその月の利息金となります。同じ様に5,000円を返済すると、1,447円が利息に充当され、3,553円が元本返済になると言う事になります。

上記の計算を繰り返していくと、10万円の借入に対して返済する回数は、30回近くとなり、30回分の利息を考えた場合、利息だけで合計40,000円近くになる計算です。つまり、10万円の借入に対し、合計14万円近くも返済する必要が出てきます。

借入金額が10万円を超え30万円以下の場合

では同じ様に考え、30万円を借り入れた場合を考えてみましょう。年間利息は、

300,000円×0.18=54,000円

12ヶ月で割ると、

54,000円÷12ヶ月=4,500円

これがその月の利息金になります。30万円程度の借入の場合、返済金額は約15,000円程度となります。つまり、4,500円が利息に充当され、残りの10,500円が元金となります。

この計算を繰り返していくと、30万円の借入に対して返済する回数は30回程度となり、30回の利息を考えた場合、10~11万円程度になる計算です。つまり、30万円の借入に対し、合計40万円近くも返済する必要が出てきます。

上記の様な計算方法で消費者金融は利益を生み出しているのです。各回の返済金額は消費者が返済し易い金額となっていますが、合計の返済金額としてはかなり膨れ上がってしまいます。消費者金融から融資を受けた結果、返済しても一向に元金が無くならないという事象は、実は上記の様な計算をしているため、元金が減らないのです。

借入に対して、本当に返済を早めたい場合は、毎月定められた金額以上に返済を行い、この元金を減らす事が最も効果的な手段となります。賢く使えば非常に有意義なアイフルのカードですが、使い方を間違えればとんでもない借金を負う事になる事を理解しておきましょう。