もう消費者金融を利用する事はなくなり、消費者金融の契約を解約したいと考えている人。今回はアイフルの解約方法について、ご説明させて頂きます。

申し込みや契約条件などの記載はあっても、解約方法は載っていない

ホームページなど、様々なWebサイトを見ても、申し込み時の詳細な内容は色々と記載されていますが、解約方法に関する情報は実に乏しいものですよね。当然、消費者金融の立場から考えれば、消費者に利用してもらう事で利益を生み出しているため、出来るだけ解約という手段は避けたいものです。では解約の方法はどうすればよいのか?実は至って簡単な手続きで進められます。

直接電話で解約したい旨を伝える事

解約するには、まず電話で解約手続きのお願いをする事が一番手っ取り早い方法です。まず、アイフルの専用電話に電話をします。そして、電話に出た担当者に対して、解約をお願いしたいという事を明確に伝えます。解約依頼を行うと、自分の生年月日、カード番号を伝えます。担当者によっては、そのまま持っていて頂いても問題はないので、解約せずにそのまま持って頂けないか?という話しをしてくる人もいます。

もしあなたが、完全にそのカードを必要としていないのであれば、誠意を持ってお断りしましょう。解約理由等も聞かれる事がありますが、不要になったので解約しますという回答で十分です。

契約時の書類等の返却について

解約を進める上で、アイフルから契約時の書類を郵送するかどうかについて確認が入ります。個人情報保護の観点から、契約時の書類を消費者に返却する必要があるのでしょう。返却か、あるいは責任を持ってアイフル側で破棄するか、どちらか選択出来るようになっています。

もしあなたが、心配であれば書類を返却してもらい、個人情報の書類を受け取るようにしましょう。そこまで必要がないのであれば、アイフルに任せ、破棄してもらう事で問題はないと思います。

払い過ぎている利息を返却される可能性がある

解約を進める上で、あなたが最後の返済を終えた時に、ATMの都合上、数円、数百円単位のお金を多く入金している場合は、払い過ぎている利息分が指定口座へ返却(振り込みによる)されます。これを拒む事は出来ないため、指示通り指定口座を伝え、たかが数円、数百円でも返金してもらいましょう。

最後はカードを自分で処理

解約時にカードをアイフルへ返却する必要はありません。解約完了後は自分でカードにハサミを入れ、燃えるゴミとして処分してしまえば問題ありません。

上記の通り、解約は非常に簡単な流れで行えます。消費者金融のカードは、例え借入をしていなくても、所持しているだけで他のローン等を組む時に、借入限度額の金額を借入していると見なされる場合があるため、もし不要なカードとなっている場合は、早めに解約をしておく事をお勧めします。