アイフルの貸付金利は一体どれくらいなんだろう?実際のところ、どれくらいの金利を取られるのか?と疑問を抱く人は多いと思います。今回は、このアイフルの貸付金利についてご説明します。

多くの人が実質金利は18%

アイフルでは、貸付金利は4.5%~18%という表現をしています。では実際、4.5%~18%の範囲の中で、どれくらいの金利設定がされるのでしょうか?その答えとして、大多数の人の実質金利は18%となります。ではいったい、18%より低い金利に設定される人の条件はどの様なものなのでしょうか?

その条件は、金融取引に相当な実績(借入・返済を数多く繰り返している)と相当な収入を得ている人でしか、この実質金利が下がる事はありません。これはアイフル側が、その消費者が「かなり信用がある」と認めた場合に、初めて実質金利が下がってきます。

そのため、初めて契約をする人や、他社から複数の借入がある人などは、過去の金融取引が無い、あるいは他社の取引状況、併せてその消費者の収入面から判断した場合、多くの人の実質金利は18%となってしまうのです。ですので、初めて契約する人、他社借入がある人は実際のところ、貸付金利は最大金利18%となると認識しといても問題ありません。

金利は貸付業法に従って設定される

では、すべての場合において18%の金利設定なのかと言いますと、そうではありません。実は消費者金融では貸付業法に則って、その最大金利を設定しています。貸付業法では以下の規定を定めています。

  • 10万円未満の融資に対しては金利20%まで
  • 100万円未満の融資に対しては金利18%まで
  • 100万円以上の融資に対しては金利15%まで

この様に、あなたの融資限度額の上限設定がいくらになるかにより、その利息設定が変わってきます。多くの人の場合は、上限が10万円以上100万円未満で設定される事が多く、この場合貸付業法に定められている法定金利は、18%となっているため、18%の金利で貸付を行うのです。もし、あなたの融資限度額が100万円以上の場合は、その金利は15%までとなりますので、金利は3%下がる形となります。

消費者金融ではほぼ18%設定が一般的

この様にアイフルでは多くの人が18%設定になるとお話ししましたが、他の消費者金融ではどうなるでしょうか。実はアイフル以外の消費者金融でも、この金利設定にほぼ差異はありません。消費者金融も、利益を得て成り立つ株式会社ですので、そう簡単に金利を落とす事は無い訳です。

一方で、銀行の金利設定はこの貸付業法には則りません。そのため、消費者金融と比較し、7%~8%程度低い金利設定をしているところがほとんどです。

この様に、金利だけで選ぶのであれば、銀行からの融資を選択する事が一番ですが、審査に関する手間、審査時間の短さから総合的に判断すると、やはり消費者金融のスピーディーな対応に軍配が上がると言えそうです。