消費者金融と呼ばれる金融業者は、大手消費者金融の他に、中小企業である消費者金融(いわゆる街金)が存在します。今回は、大手消費者金融のアイフルと街金の違いについてご説明します

基本的にはアイフルでも街金でも同じ

大手企業であるアイフル。アイフルと街金とでは何が違うのでしょうか?答えは、基本的内容は変わりません。これは、貸金業法で金融業を営んでいる金融業者はすべて共通して言える事だと理解して下さい。

アイフルでも街金でも、この貸金業法に基づいて運営しています。勿論、審査基準だって代わりません。金融事故を起こしている人は基本的に融資を受ける事は出来ませんし、収入が無い人が消費者金融から融資を受ける事も出来ません。

基準は変わらないのです。その事を肝に銘じておく事で、闇金に引っ掛かる事はありません。

アイフルと街金では何か違うのか?

では、アイフルと街金では何が違うのでしょうか?まず間違いなく言える事は、その知名度と安心感です。アイフルは、大手消費者金融であり、知名度は高く、誰しもが安心して借り入れできる消費者金融という印象が高いでしょう。

この印象は、金融業界では必須と言えます。この知名度の違いで、顧客の見方も全然変わります。もう一つ言える点は、利便性です。アイフルではほぼ全国各地ですぐに融資を受ける事が出来ます。

身近なところでは、コンビニです。つまり、利便性が非常に高く、いつでも借りられるという点においては、消費者とって非常に利便性のある消費者金融と言えるでしょう。安心感、サービス面ではやはりアイフルが断然よいと言えるのです。

街金にもよいところがある

ですが、街金でも良いところはたくさんあります。微妙な審査基準の違いで、アイフルでは通せない条件の人でも、中小消費者金融であれば融資可になる事は多くあります。

中小消費者金融のよいところは、アイフルにはない独自の審査基準で融資をしてくれると言った点でしょう。アイフルよりも、審査面で柔軟な対応をしてくれます。

ですが、全国で融資を受けられない、融資を受けるまでに時間がかかるといった利便性ではアイフルには劣ります。

サービス面、利便性という意味では、やはりアイフルは街金と比較すれば、断然優れた金融業者という事になります。アコム、プロミスなどと肩を並べ、大手消費者金融ならではの対応力を持った一流金融業者と言えるのです。やはり借り入れするなら、大手消費者金融業者であるアイフルが一番です。